子供の教育には計画を

教育に必要なお金や時間

教育にはお金も時間もかかる

我が子に教育をつけさせようとした場合、お金も時間もかかります。すべての学校を公立の中学、高校にするとお金はかかりませんが、実際大学と考えると学費や塾代などもかかりますから、結局資金が必要です。ですから子供が生まれた時点で、将来の教育を考えた場合に早い段階から、学資保険などにはいって将来にむけての資金計画をする必要があります。うちの子はのびのび育てたいと思っても、将来の安定を考えると大学進学をしないと厳しいのがいまの日本の現状ということになります。将来を考えることも親の責任ということになっていくのです。

教育にはお金が必要です

高校まで公立にいけば、教育にそこまでお金はかからないといいますが、現実は違います。難関高校や難関大学を狙うのでしたら、塾は必要で、結局のところ教育にお金がかかります。さらに大学も国立であろうと私立であろうと年間100万以上は必要ですからある程度の資金力は必要です。ですから子供が生まれたら、学資保険などをして将来の資金をためていくことが必要です。まったく家計に余裕がないからといって奨学金にばかり頼っては、のちのち返済に困るということになってしまいますから、やはり資金計画をしっかり立てることが必要です。

↑PAGE TOP